肥満治療の専門外来はどんな治療をするの?

肥満治療の専門外来では、専門家の指導によって正しいダイエットを行います。肥満治療では、一人ひとりに無理のないようにダイエットのプログラムを提案するため、身体への負担やストレスなしで痩せることが可能です。一般的には、血液検査や内臓脂肪などのメディカルチェックから行います。人によって肥満の原因は異なるため、最初に原因をしっかりと調査してから個別のプログラムを立てる事になります。治療を進める中で、根本的な生活習慣や体質改善を行うため、リバウンドが起こりにくく、健康的な身体を手に入れることができるようになります。肥満外来は、医療機関となります。医療機関でのダイエットでは、保険を適用される場合があること、薬物による治療が受けられる場合があること、外科的施術が受けられること、リバウンドしにくい体つくりができるなどのメリットがあります。基本的には、栄養士による食事指導や運動療法を併用しつつ、ストレスはかけないような方法で時間をかけてダイエットをしていきます。精神的なものが影響して肥満になることもあるため、病院によっては、カウンセリング重視で、精神的にフォローしてくれる病院もあります。これまでダイエットをしてもリバウンドばかりする場合は、極端な食事制限を行っている人がいます。食事量を減らせば、一時的体重を落とすことが可能ですが、脂肪ではなく筋肉が落ちている可能性があり、そこでダイエットを止めることでリバウンドします。スポーツを取り入れたダイエットでも方法を間違えると体調を崩すことがあります。肥満外来の場合は、すぐに痩せるのではなく、体質を根本的に改善していくことになるため、無理なく安全に身体つくりができます。

肥満がもたらす生活の変化と体調の悪化

肥満は食べ物から摂取したエネルギーと運動によって消費される消費エネルギーのバランスが悪くなり摂取エネルギーが過剰に多くなるために起こります。体重が多いから肥満、ということではなく、内臓の脂肪が過剰に蓄積したことを指します。肥満になると生活習慣病を引き起こし、脳卒中や心臓病といった重篤な病気や糖尿病、高血圧症、脂質異常症になることが増えます。肥満は主に血管内に疾患を抱えることが多くなり、動脈硬化を引き起こしたりもします。こういった病気になった場合は長期にわたり健康管理と薬の投薬が必要となり、肥満がひどい場合は食事制限もしなくてはなりません。塩分の摂取も控えなくてはならないですし、これ以上悪化しないよう、継続して運動を行うなど生活も健康的なものに変化させなければなりません。肥満になる原因にはさまざまあります。大きな原因としてはストレスがあげられ、ストレスがたまると血圧や血糖値が上昇してしまいます。甘いものを欲することから食べすぎとなり、高血圧や糖尿病になる可能性が出てきてしまいます。この他としては不規則な生活をしている、運動不足、加齢、遺伝や体質、喫煙や飲酒、食生活の乱れなどがあげられます。飽食時代となりお腹がすくという感覚を得ることが少なくなっています。このため、日ごろから食べすぎとなり余分な脂肪がどんどんたまっていく状態になっています。また、太りたくないからという理由できちんと3食食べないと、皮下脂肪が厚くなる傾向があります。不規則な生活や食事は体脂肪を体にためこみやすくなってしまうので注意が必要です。肥満を解消するには食べすぎない、海藻や野菜、大豆製品やキノコ類を積極的に食べる、こまめに歩くといったことが大事です。息切れがしやすい時は肥満傾向にある場合があるので生活を見直すようにします。

肥満になりやすい人の悪い習慣と改善策

肥満になりやすい人は、調理済みの食品やお菓子など、すぐに食べられるものを食べる習慣があります。生肉や生魚、白米、野菜、など素材のままであれば、そこから調理しないと食べられないので、すぐに食べることはできません。しかし、太りやすい人が買うものは出来合いのものです。惣菜、弁当、調理パン、菓子パン、お菓子、など開ければすぐに食べられるものばかりなので、本当にお腹が減っているのか考える暇もなく食べてしまいます。すぐに食べられるのは便利ですが、このような習慣が続くと、本当に食べたいのかそれとも暇だから何か口に入れたいのか、というのがわからなくなってきます。しかも、すぐに口に入れられるものは満足感が小さいというデメリットがあります。食べても食べても満足感が得られず、過食してしまうこともあります。お菓子は特に、油と糖質の塊です。油と糖質のセットは、脳にとって快感を与えます。この時の脳波を調べると、中毒症状のような快感が出ているようになっていて、食べても食べても「また食べたい」とキリなく食べてしまうようになります。これを改善するには、出来合いのものを買わずに素材の材料ばかりを買うことです。唐揚げ弁当を買って食べるのではなく、鶏肉、唐揚げ粉、サラダ油、白米、など素材だけ買うようにするということです。結果的に同じものを食べるにしても、満足感が全く違います。また、調理して口に入るまでに時間がかかるので、本当にお腹が空いているかどうかを判断してから食べられるようになります。簡単に食べられる食品は便利です。それを一切排除すべきというわけではありませんが、つい口に何か入れてしまうというタイプの人は、材料だけ買うようにしましょう。